Uncategorized

アウトプット大全で効率的・効果的に学ぼう【おすすめ書籍】

こんにちは、書いて書いて書きまくりのまーてぃです。

教員になった皆さんは、学生の頃から真面目に学んできた方が多いのではないでしょうか。

また、社会人になっても学びを続けられている方が多い印象です。

一方で、こんな悩みも聞こえてきます。

勉強しても、忘れちゃうんだよなあ、、、

テストで点を取るための学びじゃないから、どう学んだらいいかわからない。

勉強の効率が悪いなあ、、、。

このように、学びに関してのお悩みをよく聞きます。

忙しい社会人生活、限られた時間の中で効率良く学びたいというのは、誰しも思うことですよね。

今回の記事では、私がおすすめする「アウトプット大全」という書籍を紹介します。

この記事を読むことで、

  • アウトプット大全について、大まかに知ることができる。
  • アウトプットとはどのようなことなのかが分かり、自分の学びに生かせる。
  • 効率の良い学習の仕方が分かる。

このような姿になることができます。

まーてぃ

私も、この本を読んでから、学び方が大きく変わり、成長を感じることができました。

それでは早速参りましょう。

アウトプット大全とは?

まず、そもそもアウトプット大全がどのような本なのかを紹介します。

アウトプット大全は、精神科医である樺沢紫苑先生が書かれた、効率的・効果的な学習方法についての本です。

樺沢先生自身が実際に体験したことから本書が書かれており、

  • メルマガを毎日配信
  • Facebookを毎日更新
  • YouTube毎日更新
  • 執筆を毎日3時間以上
  • 出版を年間2〜3冊(10年以上)
  • 新作セミナーを毎月2回以上(9年連続)

といったような、樺沢先生ご自身の鬼のようなアウトプットが本書の内容の根拠となっています。

また、脳科学心理学といった見地からアウトプットの仕方が書かれているので、納得感をもって実践に取り組むことができます。

アウトプットとインプット

アウトプットと聞くと、インプットという言葉もセットで使われることが多いですよね。

ここでは、本書においてなぜインプットではなくアウトプットが重視されているかについて説明します。

アウトプットについて説明する前に,インプットについて説明しておきます。

インプットとは

インプットとは、情報を入力することです。本書で挙げられているのは、

  • 読む(読書や新聞、ブログなど)
  • 聞く(誰かとの会話、動画の視聴など)

この二つです。

個人的には、見る(動画の視聴など)も含まれるのではないかと思っています。

「現実世界はアウトプットでしか変わらない」

インプットしないと学びにならないじゃないか!

確かにその通りで、インプットがなくていい、と言っているわけではないんです。

しかし、インプットをして変化が起こるのは、脳内世界だけなんですよね。

インプットした情報をアウトプットしてようやく現実世界に何かしら影響を与えることができます。

このことが、アウトプットを重視すべき理由になります。

アウトプット:インプット=7:3

では、どのくらいの比率で進めていけばいいのか。

ここが非常に大切で、本書では、

アウトプット:インプット=7:3

で行うのが最適、とされています。

この比率は、コロンビア大学で行われた「子どもを対象にした、人名を覚える実験」で実証されているそうです。

学びというとどうしても読書動画視聴などのインプットを思い浮かべますが、実は情報が供給されすぎていて定着していない、だから非効率な学びになってしまうんです。

この比率を頭に入れておくだけで、アウトプットに意識が向き、効果的な学習ができるのではないでしょうか。

アウトプットの3種類

アウトプットとは、情報を出力することです。

本書で書かれているアウトプットには3種類あります。それは、

  • 話す
  • 書く
  • 行動する

です。これらのアウトプット方から、私自身がしているおすすめの学び方も紹介していきます。

話す

インプットした情報を誰かに話すのも立派なアウトプットです。

読んだ本を紹介する

読んだ本を、知り合いに口頭で紹介しています。

話しながら内容を振り返ることができ、記憶に定着していきます。

また、自分がどこを重要と思って読んだのかを客観的に知ることができます。

情報をつぶやく

これはツイートするということではありません。

情報をインプットした時に、どうしても覚えたいことを口でつぶやきます。

自分で発した、音としての情報をもう一度耳からインプットできるので、より効果的に学べると思ったため実践しています。

書く

インプットした情報を書くこともアウトプットの一つです。

書くことで脳が活性化し、記憶が定着するのにも効果的です。

タイピングでもいいですが、紙に書き出す方がより脳を刺激することになり効果的だそうです。

ノートに書く

思ったこと、新しく得た気付きなどをとにかくノートに書いていきます。

記憶の定着にもつながりますし、ふと思いついたアイデアを逃さないためにも行っています。

読書記録をSNSに投稿する

読んだ本の内容を定着させるために、SNSを活用しています。

学んだこと、そこから行動に移したいことなどを投稿しています。

行動する

インプットした情報を元に自分で実際にしてみる、体を動かすのもアウトプットの一つです。

正直なところ、この行動することが一番学びになると最近思っています。

人に会いに行く

本を書いた人に会いに行く、動画で話している人に会いに行く。実際に本物を見に行く、自分の足で学ぶことをおすすめします。

本や動画では、決まった情報を受け取るだけです。

一方で、直接会いに行くと、自分の聞きたいことをダイレクトに聞くことができます。

その場その場で聞きたいことを聞けるのは、とても貴重な学びです。

(ただし、迷惑のかからない範囲で、です。)

何でもまずは実践してみる

新しい情報を得たら、頭で考える前にまずやってみることです。

上手くいけば儲けもんで、一つ成長したことになります。

上手くいかなかった場合も、その経験自体が学びです。

まとめ

今回の記事では「アウトプット大全」について紹介しました。

まとめ

  • 学び方には、インプットとアウトプットがある。
  • アウトプットとインプットの黄金比率は7:3。
  • アウトプットには、「話す」「聞く」「行動する」がある。

ということをお伝えしました。

「現実世界は,アウトプットすることでしか変わらない」

この言葉を頭の片隅に置いて,学びに取り組んでみてください。

皆さんの学び方に少しでも変化が起きて、今より効果的な学びになっていただけたら幸いです。

Twitterでは,日々の学びや実践の記録など様々な情報を発信しております。

よろしければそちらの方もチェックをお願いします!

それでは!

よく読まれている記事

1

こんにちは。お得情報のアンテナ感度が高いまーてぃです。 今回、とてもお得な情報を入手したので、皆さんにもお伝えしたいと思い記事を執筆しました。 その名も「みんなの銀行紹介キャンペーン」です。 15歳以 ...

2

こんにちは。ブログ歴2年目のまーてぃです。 教師の皆さんも、一度はブログという存在を目にしたことがあるのではないでしょうか。 こうお悩みの方がいるのではないでしょうか。新しいことを始める時って悩みます ...

3

こんにちは。教師でもできる副業を調べまくっていた時期があるまーてぃです。 変化の激しい時代において、副業解禁の流れがますます進んでいます。 こうお悩みの先生方もいるのではないでしょうか。人生の選択肢と ...

4

こんにちは。QOLを高めることに全振りしているまーてぃです。 教師の仕事はとても多忙で、 こうお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 仕事で忙しい日々を送っていると、豊かさを失いがちですよね。 ...

5

こんにちは。お金の勉強が一番楽しいと感じるまーてぃです。 これまで以上に変化の激しい現代、お金の勉強をする必要性が増しています。 そんな中、以下のようにお悩みの先生方もいらっしゃるのではないでしょうか ...

-Uncategorized
-