Uncategorized

眠気と戦う学校の先生方に、眠気の解消法をお伝えします

こんにちは、年中寝不足のまーてぃです。

休み明けは、気力体力が十分に回復して仕事に望めますね。

しかし一方で、こんなお悩みもあるのではないでしょうか。

休みで寝過ぎて逆に眠い、、、

職場に着いたは良いけど、目が覚めない、、、

子どもが帰ったあとは、疲れもあって眠い、、、

このように、眠気や睡魔と戦ったことがあるのではないでしょうか?私もしょっちゅうあります。

この記事では、学校でできる眠気との戦い方を紹介します。

この記事を読むことで、

・いつもより眠くない!

・眠くないから作業に集中できる!

・気持ちにゆとりを持って子どもと接することができる。

このように、眠気に関するお悩みを解決することができます。

まーてぃ
まーてぃ

私も、さまざまな工夫を取り入れて、日々の眠気が改善しました。

それでは早速参りましょう。

眠気が及ぼす悪影響

そもそも、仕事中に眠いとどのような悪影響を及ぼすのか、改めて考えましょう。

集中力に欠ける

眠気と戦っていると、集中することができません。

眠気と戦うことに必死になって、仕事どころじゃなくなりますよね。

話を受け身で聞くだけの、長い長い職員会議を思い出してください。

眠気と戦っている時に、集中力を要する仕事ができますか?

眠いというだけで、とても集中できる環境ではないことが想像できると思います。

イライラする

眠いと、ふとした時にイライラしてしまいます。

眠い時は、脳の喜怒哀楽にブレーキをかける機能が効きづらいからです。

ふとした同僚の発言、子どもの些細なトラブルにイライラしてしまって怒鳴る、、、なんてことにつながり兼ねません。

逆に、何だかイライラする時は、眠気を感じているときとも言えますね。

眠気との戦い方

眠気が仕事に及ぼす悪影響を考えたところで、ここからは眠気との戦い方をご紹介します。

カフェインを取る

カフェインを取ることは、眠気を覚ます方法として有名ですね。

これは、カフェインに眠気を覚ます覚醒効果があるからです。

コーヒーを飲むも良し、コーヒーが苦手な人は緑茶を飲むのも効果があります。

ただし、カフェインが切れた時に眠気がどっと来る恐れがあるので、タイミングには注意です。

また、カフェインを取りすぎて夜眠れなくなってしまっては本末転倒なので、取る量には気を付けてください。

食べ方に気を付ける

食事の仕方、お昼ご飯の食べ方を工夫をすることで、眠気を避けることができます。

特に、満腹にしないことを心掛けましょう。

食べたものを消化するときに、多くの血液が食道に行きます。

そうなると、脳に十分な血液が回らなくなり眠くなるのです。

「腹八分目医者いらず」とよく言いますが、眠気対策にも効果的です。

運動する

仕事中、意識しないと座りっぱなしになっていることがあります。

体を動かすことで眠気が覚めるので、意識的に実践しましょう。

運動と一口に言っても、さまざまなやり方があるのでいくつか紹介します。

子どもと遊ぶ

子どもと休み時間に遊ぶのはかなりおすすめです。

何故なら、かなりの運動量を稼げるからです。

大体の先生方が、一度は子どもと遊んだ経験があると思います。思い出してください。

子どもと遊んでいる最中に、眠気を感じている暇なんてないですよね?それくらい動いているということです。

授業中に座らない

意識して授業中に座らないことも運動の一つです。

立ち歩いて体を動かしても良いですし、椅子に座らないだけでも効果はあります。

また、教室をいつもと違った目線で見ることができたり、机間指導を丁寧に行えたりといったメリットもあります。

校内の徘徊

校内を徘徊、散歩するのも一つの手です。

階段の登り下りはかなりの運動になります。

校内の異変や問題を発見するきっかけになるかもしれません。

昼寝する

どうしても耐えられなかったら、昼寝をしてしまいましょう。

15分ほどの仮眠は、驚くほどの回復効果があります。

ただし、かなり場面を選ぶ方法です。行ける!と思った状況でのみ行ってください。

もし何か言われたら、「あのGoogleやNASAも取り入れている!」の一点張りで戦ってみてください。厳しい戦いだとは思いますが、、、。

早寝する

全て実践してもまだ眠いという方がいらっしゃるかもしれません。

それは、そもそも早寝をするのが根本的な解決策です。

単純に、睡眠が足りていません。早く帰って寝ましょう。

それができないから苦労してるんじゃないか!

と言われそうですね。ごもっともです。

睡眠時間を確保するという意味でも、過度な残業はするべきではないと思っています。

少しでも退勤時間を早めるために、こちらの記事を参考にしてください。

まとめ

ここまでをおさらいします。

仕事中の眠気が

  • 集中力を欠けさせる
  • イライラさせる

という悪影響を及ぼすことを確認し、眠気と戦う方法として

・カフェインを取る

・食べ方に気をつける

・運動する

・昼寝する

・早寝する

という解決策を紹介しました。

できるところから取り入れて、少しでも眠気をなくしてほしいです。

また、先ほども述べたように、過度な残業によって睡眠を削るのは良くないです。

残業をするべきではないと考える理由を記事にしていますので、そちらも合わせてお読みください。

みなさんが日中、眠気に悩まされなくなることを祈っています。

それでは。

よく読まれている記事

1

こんにちは。お得情報のアンテナ感度が高いまーてぃです。 今回、とてもお得な情報を入手したので、皆さんにもお伝えしたいと思い記事を執筆しました。 その名も「みんなの銀行紹介キャンペーン」です。 15歳以 ...

2

こんにちは。ブログ歴2年目のまーてぃです。 教師の皆さんも、一度はブログという存在を目にしたことがあるのではないでしょうか。 こうお悩みの方がいるのではないでしょうか。新しいことを始める時って悩みます ...

3

こんにちは。教師でもできる副業を調べまくっていた時期があるまーてぃです。 変化の激しい時代において、副業解禁の流れがますます進んでいます。 こうお悩みの先生方もいるのではないでしょうか。人生の選択肢と ...

4

こんにちは。QOLを高めることに全振りしているまーてぃです。 教師の仕事はとても多忙で、 こうお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 仕事で忙しい日々を送っていると、豊かさを失いがちですよね。 ...

5

こんにちは。お金の勉強が一番楽しいと感じるまーてぃです。 これまで以上に変化の激しい現代、お金の勉強をする必要性が増しています。 そんな中、以下のようにお悩みの先生方もいらっしゃるのではないでしょうか ...

-Uncategorized
-,