アウトプット 仕事 自己研鑽

教師が早く帰るための時短術3選

こんにちは、あれもこれも捨ててしまうまーてぃです。

みなさん、帰りたい時間に帰れていますか?

中には、

あれもこれも終わらない、、、

仕事が土日にまで食い込んできた、、、

どうしたら早く帰れるようになるんだろう?

とお悩みの先生もいらっしゃるのではないでしょうか。帰るのが遅くなると、それ自体がストレスになりますよね。

そんな方に向けてこの記事では、少しでも早く帰るための教師の時短術を3つ紹介します。

読んでいただくことで、

  • いつもより早く帰れるようになった!
  • 1日の中で自分の時間が作れるようになった!
  • 仕事が早くこなせるようになった!

といった姿になっていただくことを目指しています。

小さなことでも、続けることが大事です!

今回は、簡単に取り組める物を揃えています!

それでは早速参りましょう。

教師が早く帰るための時間術3選

教師ができる、今より早く帰る時間術を3つご紹介します。

一つ一つは小さなことですが、積み重なると大きな時間になります。

できるところから取り組んでみてください。

○をつけない

教員は子どもの習熟度を測る際に丸付けをします。

この時、思い切って丸をつけることを捨てましょう。

丸付けの目的は習熟度を測ることです。できていないところがわかれば良いのです。

間違えたところにチェックをつけるだけで、合っているかどうかの判別はできますよね。

また、過剰に丸をつけてしまうと、丸をもらうことが目的になってしまうことも懸念されます。

もし、何も書かないのが不安な方は、点を付けることで合っていることがわかるようにしても良いでしょう。

点とレ点で表す

それでも、

いや、でもさすがに周りの先生の目が気になる、、、

と心配される方がいらっしゃるかと思います。

そんな方は一つ一つに丸をつけるのではなく、まとめて大きな丸をつけると良いでしょう。

丸を纏めるイメージ

なるべく丸をつける回数を減らすことで、全体の仕事時間を減らすことができます。

所見の材料を日々集める

成績をつけるシーズン、所見を書く作業にはかなりの時間を要します。

そんな負担を軽減するために、所見の材料を日々集める習慣を身につけましょう。

所見を書く作業で時間がかかるのは、思い出すことに時間を使うからです。

日々の活動の中で子どもの様子をメモする習慣があれば、所見を書く際にメモを振り返りながら書くことができ、考える時間がなくなります。

活躍していたら、その都度メモする

また、クラスや活動の様子を写真に撮っておくのも所見のためになります。

行事などの写真から様子を思い出すことができるからです

初見は大変な作業ですが、日々に分散することで負担を軽くすることができます。

忙しいシーズンを見越して、所見の材料を集めるようにしましょう。

紙を溜めない

学校現場はとにかく紙が多いです。紙の取り扱いにかなりの時間を要することになります。

そこで、紙を持たず、溜めないことを習慣化しましょう。

そもそも紙がなければ、探す時間を取られることがなくなるからです。

また、紙を多く持たないことで、それ以外のものを探すのも早くなります。

いらないと思ったらすぐに捨てられるように、足元に紙を捨てる用のカゴを置くと良いでしょう。いちいち捨てに行く時間が削減できます。

いらない書類はすぐに放り込む
どうしても捨てられない書類があるよ!

という方は、スキャンしてデータで保存することをオススメします。

データ化すれば、場所を取ることなく、使いたい時にコピーするだけなので便利です。

いかにいらない紙を手放すかが、貴重な時間を有効活用することにつながります。

まとめ

ここまでをおさらいします。

教師が早く帰るための時間術として、

  • 〇をつけない
  • 所見の材料を日々集める
  • 紙をためない

という三つを紹介しました。

どれも、短縮できる時間は小さいものです。しかし、積み重ねることで大きな時間になるのもまた事実です。

どれも簡単に取り組めるものなので、今日からでも実践してみてください。

他の時短術についても記事を書いているので、そちらの記事も参考にしてください。

【簡単】教員が残業を減らすための時短術3選

こんにちは、チキってなかなか定時退勤できないまーてぃです。 教員の労働環境に関する問題点が世間にも伝わるようになってきました。 Twitterで行われた「教師のバトン」プロジェクトが炎上したことは、現 ...

続きを見る

早く帰るための考え方やテクニックについて書いた記事も参考にしてください。

【今より早く帰りたい先生必見】若手の先生方が早く退勤するための考え方とテクニック

こんにちは!定時退勤、できそうでできないまーてぃです。 4月はどの先生方にとっても、めちゃくちゃ忙しい時期ですよね。 こんな悲痛な叫びも聞こえてきます。 特に、若手の先生方は帰りづらさを感じられること ...

続きを見る

下記で紹介する本はどちらも、働き方を改善するにあたって必読です。ぜひ一度読んでみてください。

時短術を活用して、皆さんが今までより早く帰れるようになることを願っています。

それでは!

よく読まれている記事

1

こんにちは。お得情報のアンテナ感度が高いまーてぃです。 今回、とてもお得な情報を入手したので、皆さんにもお伝えしたいと思い記事を執筆しました。 その名も「みんなの銀行紹介キャンペーン」です。 15歳以 ...

2

こんにちは。ブログ歴2年目のまーてぃです。 教師の皆さんも、一度はブログという存在を目にしたことがあるのではないでしょうか。 こうお悩みの方がいるのではないでしょうか。新しいことを始める時って悩みます ...

3

こんにちは。教師でもできる副業を調べまくっていた時期があるまーてぃです。 変化の激しい時代において、副業解禁の流れがますます進んでいます。 こうお悩みの先生方もいるのではないでしょうか。人生の選択肢と ...

4

こんにちは。QOLを高めることに全振りしているまーてぃです。 教師の仕事はとても多忙で、 こうお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 仕事で忙しい日々を送っていると、豊かさを失いがちですよね。 ...

5

こんにちは。お金の勉強が一番楽しいと感じるまーてぃです。 これまで以上に変化の激しい現代、お金の勉強をする必要性が増しています。 そんな中、以下のようにお悩みの先生方もいらっしゃるのではないでしょうか ...

-アウトプット, 仕事, 自己研鑽
-,